スタッフブログ

むくみの原因と解消法

Ailes自由が丘 / ダイエット / 美容 / 自律神経 / 運動 / 食事

明日は[大寒]。一年でもっとも寒い時季です(^_^;)

寒さが続くとお体のお悩みも増え体調がすぐれないと言うお声をよく耳にします。

今回はその中でも(むくみ)についての記事です!

 

◇こんな症状が思いあたる方は要注意?!
3つ以上あてはまったらむくみが慢性化している可能性あり!◇

□水分をよく摂るわりにトイレの回数が少ない
□お腹を触ると冷たい、お腹がちゃぷちゃぷする
□夕方になると足がむくみ、ふくらはぎを親指で押したらへこんで戻らない
□靴下のゴム跡はクッキリと残る
□落ち込みやすい
□曇りの日や雨が降ると体調をくずしやすい

 

むくみ放っておくと陥るむくみと冷えのスパイラル!

 

◇むくみの原因とは?◇
むくみの原因はいくつかありますが、その中の一つにカラダの中に水分をため込んでしまうことがあげられます。
水分をため込んだり、血流が悪くなる事でカラダが冷え、さらに水分代謝が低下してむくみが発生します。

さらに、むくみによる余分な水分が、血管やリンパ管を圧迫し、血行を悪化させてめぐりが悪くなると言われています。
めぐりが悪くなるので、カラダはいっそう冷え、むくみがとれない・・・。
この状態が慢性化してしまうと、むくみと冷えのスパイラルに陥ってしまうかもしれません。

一刻も早く、このスパイラルから脱出して、水分代謝をあげたいですね。

 

◇むくみを解消するには?◇

1.カラダを冷やさない
外にいるときの防寒はもちろんですが、部屋の中でもお腹や腰にカイロを貼ったり、あったか下着 を着用する事をおすすめします!
カイロはお尻より少し上のところに張ると、全身が温まりやすくなります。

足にはタイツ 、レッグウォーマーを活用するなどして、カラダの外側から冷えを撃退!
徹底して冷えから身を守りましょう!!

食べ物で体を温めるのは、
・根菜類(ごぼう、大根、れんこん、カブなど)
・生姜
・発酵食品(味噌、納豆、ぬか漬けなど)がオススメです。
逆に白砂糖など、甘いものの中にはカラダを冷やすものもあるので、気をつけたいですね。

2.筋肉をつける
筋力の低下もカラダに水を溜めてしまう原因の一つです。
筋肉には、余分な水分を押し出すポンプのような役割があります。
筋肉をつけることで、むくみ予防策となります。運動を日々の生活に取り入れてみましょう。エスカレーターではなく、階段を使うや一駅前から歩くのもいいかもしれません。

また、肩甲骨周りを意識したストレッチなどは、自宅でもオフィスでも簡単に行うことができます!
肩こりがある方は首肩回し、足の冷えむくみ足首回しを行ってみてくださいね^_^

 

◇今すぐむくみを解消したい方には…◇
ハイドロシリカスパ
水素とケイ素と岩塩が入った入浴剤!
この入浴剤を使うだけで、体が温まり湯冷めしにくい!
全身の血流を良くしてむくみや疲れを一気にリセットしてくれる優れもの!
また、ケイ素も入っているのでお肌もぷるぷるになり、髪のサラサラになります^_^

岩塩も入っていますので、玉のような汗をかくことができます!
汗をかくのに時間がかかる方は体の芯から冷えている可能性あり?!
そんな方は、3日連続で入るとじんわり汗が出てきて冷えも少しずつ無くなっていくかと思います!☆

 

☆まとめ☆
・むくみやすくなったのは代謝が落ちてきているサイン!
・体を温めむくみにくい体を作る
・筋肉をつけ、血流をよくする
・長時間同じ姿勢が続いたら、ストレッチを行う

 

健康になりながら美しくありたい女性を応援する「エール自由が丘」
TEL:03-6421-3596
〒152-0035
東京都目黒区自由が丘2-18-17メゾンドコフレ自由が丘1BF
エール自由が丘のホットペッパービューディーはこちら→ https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000348569/

エール自由が丘のインスタグラムはこちら→instagram.com/ailesjiyugaoka