スタッフブログ

なぜ、発酵食品は体に良いの?

ダイエット / ホームケア / 美容 / 自律神経 / 食事

「発酵食品は体にいい」と聞きますが、どのように良いのでしょうか??

日本発酵文化協会によると、「発酵とは、微生物の働きによって物質が変化し、人間にとって有益に作用すること」です。
腐敗との違いは、「人間にとって有益に作用する」ところにあるようです。

日本は発酵大国といわれるほど、古来から生活の身近なところで、日本人は発酵品と深く関わっています。
私たちにとって発酵は、野菜や魚、豆などを長期保存させるための知恵であり、そして、発酵による旨味成分を活かした調味料としても、和食文化や郷土料理を支えていますよね!

日本の発酵食品といえば「麹(こうじ)」でしょう。麹菌を米・米ぬか・麦・大豆などに生やして培養したのが麹です。麹菌は日本で自然発生した有用微生物です。麹菌によって、醤油・味噌・酒・酢など発酵食品が誕生しています。

☆「発酵食品」とは?☆
日本は世界的に見ても発酵食品が多い国です!日本の特徴である「高温多湿な気候」が発酵に適しているからと言われています。
普段の食卓でも発酵食品はなじみ深く、和食では、醤油、味噌、日本酒、焼酎、泡盛、みりん、米麹、納豆、豆腐、ぬか漬け、かつお節、塩辛など、が挙げられます。

☆なぜ「腸を元気にする」必要がある?☆
【腸は第2の脳】と言われます!
脳と腸は、自律神経・ホルモンなどの情報伝達物質を通して、互いに密接に影響を及ぼし合っているといわれます。「病気の根源は腸内環境にある」と指摘する医師もいるぐらいなのです!

腸内には、乳酸菌やビフィズス菌など約500~1000種もの微生物(腸内細菌)が存在し、その数は約500兆~1000兆個ともいわれています。発酵食品には、体を改善する善玉菌(体の健康を保つためによい働きをする細菌)が多く含まれています。
腸内環境を整え、善玉菌を増やす事で免疫力アップや痩せやすいなど体にとって嬉しい効果が沢山あります。

☆腸内環境を整える事で期待できまる事☆
幸せホルモンと呼ばれる『セロトニン』を分泌
→社交的になったり、イライラし辛い、うつ病治療にも疲れている
病原体などと戦う免疫細胞を活性化させる
→体にウイルスが入ってきても感染しない
便秘解消
→毎食事ごとに排泄、便秘・おならの匂いが変わる
肌年齢の若返り・代謝アップ
→血流が良くなり、体の中老廃物を外に出しやすくなる

上記のように、発酵食品を食べ善玉菌を増やす事で腸内環境が整える事ができます!
毎食に発酵食品の、納豆、味噌汁、ぬか漬けなど取り入れる事をおすすめ致します!♪

 

腸内環境は良くしたいけど、なかなか発酵食品を摂れないと言う方は、、、
簡単に発酵食品を摂れるドリンクのご紹介!!
『ハーブザイム113 グランプロ』

鮮度と産地にこだわった113種類の国産植物を贅沢に使用し、長年「ヒノキ樽」に棲みついた天然の複合酵素(酵母・植物性乳酸菌)によりダブル自然発酵。精製した白砂糖を使用せず、喜界島の「さとうきび粗糖」の浸透圧により養分を抽出した植物酵素原液!!
酵素ドリンクで原液で飲む商品は数少なく、添加物も一切使用していなくとても体に優しい!

発酵食品(ドリンク)を摂取できるだけでなく
113種類の野菜、果物を摂る事ができるので野菜ジュースとしても代用できます!

お客様の中には、3ヶ月毎朝食かわりにたった20ml飲んだだけで、ー3キロされた方もいらっしゃいます。
更には、「風邪をひきにくくなった」や
「便通が良くなりおならの匂いも気にならなくなった」などお喜びのお声をたくさんいただいております。

もちろん、ファスティングでもお使いいただけます^_^
ファスティングについては後日改めてご説明しますね!

1本10,150円(税込)

ご興味のある方はサロンまでご連絡くださいませ!

https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000348569/coupon/CT03/