スタッフブログ

ファスティングって何?③【代謝酵素について】

駒 ゆかり

おはようございます。

東急東横線 大井町線 自由が丘駅正面口から徒歩5分

ブライダルエステが得意な美肌と美腸づくりのエステサロン エール自由が丘の駒です。

ハイパーナイフを使った痩身とハンドマッサージを得意としています。

 

今日も、昨日の続きをお話させていただきますね。

昨日は【消化酵素】についてのお話でした。

http://www.ailes-0514.jp/koma/1200/でも少しだけ触れましたが

《代謝酵素と消化酵素は相互関係》にあるんです。

 

つまり、

消化酵素が働いている時には代謝酵素は少なくなる、ということ。

 

例えば100を基準に考えた時に

“消化酵素を80使う食べ物”を食べたとします。

わかりやすく、“チョコレートが80の消化酵素を使うとして”チョコで例えますね。

 

自分の潜在酵素が100とした時、

80消化酵素を使う“(ココでは例えとして)チョコレートを食べた”としたら

20が代謝酵素として使われます。

これが、“潜在酵素の相互関係”です。

 

食べ物を食べたことによって、

100のうち20しかなくなってしまう代謝酵素。

この役割は、何だと思いますか?

 

 

↓↓↓↓

 

 

【代謝酵素】

読んで字のごとく

《代謝=ターンオーバー》する時に働く酵素のこと、です。

 

ターンオーバー・・・とは。

例えば

【お肌の代謝】(古い角質が垢として剥がれ、新しい細胞が再生されること)

これはわかりやすいですよね。

・お肌を綺麗にしてくれる

・傷を治してくれる、などがお肌の代謝になります。

 

他にも・・・

・髪をツヤツヤにしてくれたり

・爪伸ばしたりツヤを出したり

・脂肪を燃焼したり。

 

はい。

いわゆる《綺麗になる》とか《痩せる》とか《アンチエイジング》などに

不可欠なのが

【代謝酵素】の働きなのです。

 

つまり、消化酵素ばかり働かせて代謝酵素が働けない環境に自分の体をしてしまえば

“一気に老け込み”“一気に太る”ということですね。

 

『健康』ということを考えていくと

ターンオーバーがうまくいかないということは

“老廃物が排泄できなかったり”

“代謝が悪い状態が続く”

“低体温”などが考えられるので

・免疫が落ち

・風邪を引きやすい

・疲れやすい

・目覚めが悪い

・寝ても疲れが取れない

などが考えられ、加齢やストレスと共に病気のリスクがぐんと上がってしまうといっても過言ではありません。

 

どちらがいいか?と言われれば

私達エステティシャンのお仕事は【健康美の提供】ですから

当然みなさま【代謝酵素をフルに働かせたい】と仰います。

 

では、代謝酵素をフルに働かせるには?

という一つの手段が《ファスティング》です。

 

消化活動を一時的に休めて、代謝酵素を100働かせてあげるのです。

 

 

ファスティングをすると

私個人的に毎回感動するのは“髪のツヤ”です。

 

まず、手触りが違いますね。

さらさらになります。

 

最初のファスティングの時にはあまり気にしていなかったのですが

今でははっきりとファスティング中の髪の調子の良さを実感しています。

(それだけ普段がひどいとも言えます・・・)

 

その他には

・お肌のつや、透明感が出たり

・肩の凝りやむくみの軽減など体がスッキリ!という体感を得られる方が多いですよ。

 

時々ファスティングの経過や感想なども(本当に時々)載せていますので

よかったらご覧ください。

 

やはり、ファスティングすると体重も減りますよね。

ただ、ファスティングの目的を“体重を落とすこと”にしてしまうと危険です。

 

ファスティングの一番の目的は《消化活動を一時的に休めて内蔵機能をリセットすること》なので

体重を落とすことが目的ではありません。

 

それよりも個人的には

・ぐっすり眠れたり

・スッキリ起きられて

・感覚が研ぎ澄まされるのでやることが明確になったり集中力が高まる

 

方を実感して欲しいです。

 

ただ、

《ファスティングサポート飲料》の選び方は、とっても大切ですよ。

この話はまた後日。

では。