スタッフブログ

午前中をデトックスの時間帯に。

駒 ゆかり

おはようございます。

東急東横線 大井町線 自由が丘駅正面口から徒歩5分

ブライダルエステが得意な美肌と美腸づくりのエステサロン エール自由が丘の駒です。

ハイパーナイフを使った痩身とハンドマッサージを得意としています。

 

さて本日は《“デトックス”はいつされるの?》ということを少しお話させていただきますね。

 

デトックスって、どんな時にされるのでしょう?

・汗をかいたとき

・運動したとき

・マッサージを受けた時

 

これらは“全部正解”だと思うんですね。

 

人の体って不思議なもので、《自律神経》が働いて人の体は働きますので

“人は起きたときに体温が上がり”“寝る時下がる”というのを自然と行ってくれるのです。

 

これが“正常に行われない時”は《体がストレスを抱えていたり》《疲れている》と思って頂いていいと思います。

 

このスイッチを入れるのが

先日の記事にも書きました白湯を飲むことなども一つで

朝“体にスイッチを入れる=内臓を温める”ことはとっても大切です。

 

内臓が温まり、動いてくれるようになれば

酵素医学の考え方として“午前中は排泄の時間”という考えがあります。

つまり、午前中にしっかり水分を摂って“排泄を促して欲しい”のです。

 

もしも“朝は時間がなくてお手洗いに行く時間がない”という方がいらっしゃったら、

【本来身体が“排泄したいタイミング”】なはずなのに、

そのチャンスを奪ってしまっている可能性すらあるんですよね。

 

もしくは、【朝思うように排泄できない】のであれば、

夜中のうちに翌日作って準備されている《酵素》を生み出せていない可能性もありますから、

その場合は夕食の食べ過ぎ”が考えられますね。(もしくは内容が悪い)

いずれも、“消化酵素を無駄遣い”している可能性が考えられます。

 

実は昨日書いた発酵食品についての記事でも触れましたが、

発酵食品は《腸内環境を整えてくれる》のはもちろん、《消化に負担をかけない》食品でもあるんです。

【消化に負担をかけない=消化酵素の無駄遣いを防ぐ】ということになります♪

消化酵素についての過去ブログ

ファスティングはしなくても、このように“消化酵素の無駄遣い”を防ぎ、代謝酵素を優先させてあげれば身体の調子はよくなるんですね。

 

最近

・寝つきが悪い

・眠りが浅い

・翌朝目覚めが悪い

・体がだるい

・ストレスが多い

・疲れが取れない

という方は、ぜひ意識してみてください♪