スタッフブログ

これからまだまだ流行する“インフルエンザ”。どう対策する?

駒 ゆかり

おはようございます。

東急東横線 大井町線 自由が丘駅正面口から徒歩5分

ブライダルエステが得意な美肌と美腸づくりのエステサロン エール自由が丘の駒です。

ハイパーナイフを使った痩身とハンドマッサージを得意としています。

 

さて。

今朝のニュースでも特集が組まれていましたが

インフルエンザが流行っていますね。

フェイスブックなどのSNSや周りの方のお話を聞くと

インフルエンザになってしまった!の声も多く聞くようになり。

いよいよ人ごとではないな、という時季になりました。

 

ではこれから大流行の(予測の)インフルエンザ、どう対策するのか?を

今日は少し考えたいのですが。

皆様はどのように対策されていますでしょうか?

 

今朝のニュースでは出先でチラッとしか見ていませんが

緑茶などのカテキンでうがいをすることを推奨していました。

ウイルスの進入を防ぎ、感染しないよう滅菌することが大切ですよね。

 

私からは【菌をもらってもかからない】為に必要な

【免疫】について触れさせて頂きます。

 

免疫、とよく言われますが皆さま免疫を上げるために何か工夫はされていますでしょうか?

免疫力を上げるためには、以前もブログに書きました

《体温を上げること》が必須です。

 

体温が低いと、血流が悪くなりますから、免疫力も低下します。

つまり、異物を発見して駆除してくれる“白血球”の働きが弱くなるんですね。

白血球は“がん細胞”を死滅させてくれる働きもしますから

低体温のほうががんのリスクも大きいといって過言ではありません。

 

今日はがんではなく“インフルエンザ”ですから話を戻すと

低体温になってしまうと

菌をもらったときに免疫の働きが落ちていますから菌に対抗できなくなります。

仮に同じ条件で菌をもらっても全員が発症するわけではありません。

発症するかしないかは《免疫力》の違い。

 

この“免疫”を上げてあげるだけでインフルエンザに“かかりやすい”かどうかは

ある程度コントロールできる、ということなんですね。

 

では、低体温の原因をいくつか挙げてみます。

・筋力不足

・不規則な生活

・糖質の多い食事

・多すぎる添加物摂取

・食べすぎ

・消化不良

・冷たい飲み物・食べ物の摂取

・ストレス

・寝不足

・ホルモンバランスの乱れ

・血行不良

など。

 

これらを解消して継続していくと免疫力は上がりますが なかなか難しいもの。

まずは《充分な睡眠とバランスの摂れた食事》です。

これらを叶える為におすすめなのが

【発酵食品を中心とした和食を夜20時までに良く噛んでゆっくり食べること】です。

 

ここでのポイントは《消化不良を起こさせず、胃腸の働きを正常に近づける》ことが目的。

・発酵食品⇒善玉菌のエサになる⇒腸内環境を整える

・和食⇒マヨネーズやケチャップなどは体を冷やしやすい調味料です。

しょうゆや味噌は発酵食品、お塩も“精製されていない天然のもの”を意識して摂って見てくださいね。

お味噌汁や納豆などもたんぱく質の多い 発酵食品なのでおすすめです。

・夜20時まで⇒寝る3時間前までに食事を済ませることで胃腸の負担を軽減します。

(夜寝る時に翌日使う酵素の準備をしていますが、寝る時に消化させてしまうと翌日の準備ができないだけでなく、体がフルに稼動し続けて睡眠が浅くなります)

・ゆっくりよく噛んで⇒上記理由と同じように 寝る前までに消化を済ませておくこと

ゆっくり食べることで満腹中枢を刺激しやすくなり、食べすぎも防止することができます。

 

つまり、《胃腸が疲れていると体調不良を起こしやすい》ということです。

胃腸を疲れさせないことが

・体温上昇

の第一歩であり

・免疫強化のスタートラインであるといえます。

 

最後にもう一度。

“運動の前に食事の見直しから”

一緒に意識していきましょう♪

では

素敵な週末をお過ごしくださいませ。

 

~自由が丘から徒歩5分の女性専用痩身&体質改善エステ エール自由が丘~