スタッフブログ

偽物の《体に良さそうなモノ》に注意!!

駒 ゆかり

こんにちは。

東急東横線 大井町線 自由が丘駅正面口から徒歩5分

ブライダルエステが得意な美肌と美腸づくりのエステサロン エール自由が丘の駒です。

ハイパーナイフを使った痩身とハンドマッサージを得意としています。

 

さて。

今日は《こんなものに騙されていませんか?》シリーズ。笑

 

体に良さそう、と思って手に取ったものが

《実は粗悪なものだったら》どうしますか?

ってことなんです。

 

それを騙されないようにする為に

【成分表示】を見ることが大切なのですが…。

 

例えば

・プリン体0の糖質オフの発泡酒や第三のビールなど。

 

みなさん

《糖質オフだから体に良さそう》と思われて

好んで購入される方が多いのですが…。

 

糖質オフにする、ということは

・他の添加物が何かしら入っているということ。

 

香りや風味を似せる為に《本来必要な成分を抜くなら》他の何かを入れないと“それ風にならない”ということです。

 

 

0キロカロリーのゼリーやお菓子。

これらも《0キロカロリー》を実現するために

・香りをつけたり

・甘みをつけたり

人工的なもので

さらに“安価”なもので

実現させていることを忘れてはいけません。

 

・プロテインドリンクやプロテインバー

・豆乳入りのヨーグルト

・乳酸菌やカルシウム、鉄や葉酸の入った牛乳、低脂肪乳

・低糖質のパン

を実現させるには

何か抜くために【何かを入れていること】を忘れてはいけません。

これが

“安価”なのが怖いのです。

 

安価であるということは、

“手軽に買える” “粗悪なもの”の可能性があります。

 

 

そして最後に安く手に入るものの代表格として

【小麦】があります。

・デリバリーピザ

・ファストフード

・うどん

もそうですが

“体によさそう”と思われがちな

【お蕎麦】

お蕎麦の《そば粉と小麦の割合》てどれくらいか

日頃から意識されていますか?

 

コンビニのお蕎麦や スーパーで100円ほどで買えるお蕎麦

チェーン店で手軽に食べられるお蕎麦は

“主原料は小麦”です。

成分表示が見れるなら

おそらく“小麦”から始まっているでしょう。

 

ヘルシーだからお蕎麦を食べるという方は

・たんぱく質不足

になるだけでなく

・カロリー減少による燃焼率のダウン

・小麦の積極的な摂取をしていますから

ピザやパンを食べているのと

そこまで大きく変わらない、何てこともあるかもしれません。

(油の量が違いますが)

 

では。