スタッフブログ

食べても食べても食欲が止まらない原因は?

駒 ゆかり

ここ最近ぐっと冷え込む日が増えましたね。

 

◇年末年始のお休みが明けてから、なんとなく体がスッキリしない・・・

◇疲れが思うように取れない

◇冷えが辛い

◇寝つきが悪いor寝起きが悪い

◇常に胃もたれがする

◇ストレスが大きい

◇体重が元に戻らない・・・・

 

こんなお悩みはありませんか?

 

 

これらは《体がストレス状態にある》ことが大きく関わっています。

 

つまり・・・・

⇒体が《サビついている=“酸化”状態》にあることも考えられます。

・内臓疲労や

・リンパの滞り

※いつもより《体に老廃物がたまりやすい状態》かもしれない、ということなんですね。

 

 

そしてもう一つ《自律神経の乱れ》にも繋がりやすい状態、であるということ

 

例えば・・・

◇食べても食べても満たされない

◇ついついお菓子に手が伸びてしまう

◇甘いもの、脂っこいものばかり欲する・・・・

 

これらはもしかすると

《自律神経の乱れ》によるものかもしれません。

さて、よく耳にする
【自律神経の乱れ】
これって一体何?と思ったことはありませんか?

【自律神経とは】
○生命に関わる様々な器官をコントロールする神経のことです。
つまり、私たちの意思とは関係なく 24時間ずーーっと働き続けてくれているお陰で、私たちの身体機能はスムーズに動いてくれているんですね。

【交感神経と副交感神経】
○自律神経は、交感神経と副交感神経の2種類から成り立っていて、それぞれバランスよく必要なタイミングでスムーズに働いてくれることによって、身体を健康に保つことができます。

【重要なのはバランス】
どちらかが過剰に働き続けると、身体や心がトラブルを起こしたり、健康でない状態になる場合があります。

例えば、交感神経がずっと働き続けてしまうと、
強いストレス状態になり、脳や身体の緊張状態が続いてしまい、胃腸に異常が出たり、睡眠が浅くなったり、ずっと不安な状態が続いてしまったり…

交感神経がずっと優位になってしまう場合は、
心も身体もリラックス状態に近づけてあげて、“副交感神経”を働かせてあげる必要があります。

例えば、
当サロンの場合は、『ハイパーナイフ&オリジナルマッサージCOMA式極痩身』のコースで
ゆったりとお過ごしいただくこともオススメです。

ストレスが溜まっているときは
身体がスムーズに働かず、冷えの症状が出る方も多いです。
硬直したお身体を緩め、解し、ゆったりとした呼吸を意識することも大切ですよね☆

お客様でもインフルエンザに感染してしまった・・・とキャンセルのご連絡をいただくこともあり

急激な寒さによって体も免疫力が下がりやすくなったり、

ストレスを感じやすい時期でもありますので

どうぞご体調には十分に注意してお過ごしくださいませ。

皆さまのお身体の状態はいかがでしょうか?
一度、ご自身のお身体と向き合う時間として
エール自由が丘をぜひご利用下さいませ♪