スタッフブログ

○○を見直して、お肌の艶をアップする方法☆

駒 ゆかり

ここ最近 寝起きが悪い。

そんなお悩みをよく耳にするようになりました。

 

寝起きの悪さって、様々な原因があると思いますが

一つに《肝臓の疲れ》についてがあります。

今日のテーマは【肝臓】についてです。

 

実は肝臓のお疲れってお肌のクスミや艶の低下にも繋がります。

クスミをカバーしたり艶を出すために

ファンデーションで一生懸命隠したり、ハイライトで艶を一生懸命出していませんか?

 

そんな方はぜひこの後の記事を参考にしてみてくださいね。

 

お肌に艶がなくなったり クスミが出ると疲れ顔に見えてしまいます。

疲れ顔になると

なんとなく写真を撮りたくなくなったり、

お化粧してもパッと乗らないしファンデーションの厚塗りをしたり

お洋服も“隠す”ものを選んでしまったり。。

そんな経験はありませんか?

疲れ顔は老け顔の始まりとも言えます。

 

そんな時に見直したいのが実は【肝臓】

 

肝臓は【疲れのバロメーター】ともいえ、すごく大切なところです。

体に疲れがたまってくると肝臓にも影響します。

だからこそ、見えない内臓の一つである《肝臓》の疲れに敏感になることって大切なんですよ。

そして何より毎日しっかり疲れを取ることって、若さを保つためにもとても大切ですよね。

 

 

先日
『私、お酒もタバコもやらないのに
肝臓の検査で引っかかってしまったんですよ』
とお話しを伺う機会がありました。

 

 

【肝臓の疲れってお酒の飲み過ぎが原因なの?】

 

私は

最近の会話の中から《寝不足、仕事が最近特にハード》というキーワードがあったので
「お疲れが溜まっていたんですかねぇ〜?」

とサラリとお伝えしました。

 

 

そうしたらその方は

『肝臓って、疲れると影響出るのですか?』
ご質問くださいました。

 

 

私は決してお医者様ではないので
診察、診断はできませんが

ご参考までにお読みいただけたら嬉しいです♪

 

 

【沈黙の臓器といわれる肝臓。】

 

肝臓と聞くと
どんなイメージがありますか?

 

お酒????

 

肝臓は

心臓のように

鼓動するわけでもなく、

 

ただ黙ってひたすら働く

沈黙の臓器であり

 

心臓よりも脳よりも大きい肝臓

身体の中の最大の臓器

なんですよね。

 

 

何より

肝臓だけにしかない血管
(肝動脈や門脈)があるということからも

 

肝臓には
たくさんの血液が集まるほどの
重要な組織であることが想像つきます。

 

だけど

知覚神経がないことから

何か病気にかかってもわかりづらい。

 

黙々と働いてくれるすごい臓器なんですよね。

 

【肝臓の働き】

 

❶食べたものをエネルギーにする代謝の働き

❷お薬やアルコールなどを解毒する働き

❸胆汁の生成と分泌

ちょっとだけ解説させて頂きます♪

 

❶の代謝

小腸で吸収された
糖や脂肪、たんぱく質を
身体で使える状態に変えて貯え、
体内で必要な時にエネルギーの元として供給してくれます。

 

 

そして
❷の解毒

皆さんご存知の通り

アルコールを分解してくれる肝臓。

 

身体に本来であれば有害、とされる物質を
分解して無毒化してくれることで

 

私たちは楽しくお酒を飲めるわけですね。

 

 

ここまでで わかりますか?

 

 

肝臓が

食べ過ぎ、飲みすぎにより

どれだけの負担がかかっているのか…

 

 

そして

寝不足が続くと

 

肝臓への負担は大きくなり

 

ますます
働かせすぎにしてしまいがちです。

 

 

また食べ過ぎになったり、高血糖のものや高脂質のものばかり食べていると

 

血中に代謝物が多く残るようになり、

結果

肝臓がこれらを代謝する負担が大きければ大きいほど

 

沈黙の臓器は働きすぎとなり

 

疲労感として

 

身体の疲れが抜けにくく
残りやすくなります。

 

 

【代謝酵素 < 消化酵素になると…】

 

つまり

 

酵素の無駄遣いにも繋がるわけです。

 

細胞をターンオーバーさせてくれる
代謝酵素にたくさん回せたかもしれない酵素を

 

食べ物を多く消化させてしまい、
消化酵素を無駄に使ってしまうことによって

 

お肌のツヤはなくなり、

太りやすく
痩せにくく…

 

あら大変。

 

 

つまり

 

知覚神経がなく

痛みを感じづらく

トラブルが起きてもわかりづらい肝臓は

 

無意識のうちに
働かせすぎになっているケースがある、ということ。

 

 

お酒の飲み過ぎはもちろん、

 

オーバーワークでストレスの溜まりがちな方、

不規則な生活や
夜遅いお食事の方

 

早食い、ながら喰いで消化に負担をかけやすい方

 

甘いもの、脂っぽいものがお好きな方

 

肝臓
頑張りすぎているかもしれませんよ。

 

 

肝臓を労ってあげませんか?

慢性疲労=肝臓の疲れ

ということもあるかもしれません。

 

充分な睡眠
よく噛んでバランスの良い食事を心がける
腹八分目を意識する
私のように飲み過ぎ注意。

 

どうか
みなさまお身体について、見直してみてくださいね。

 

肝臓の機能を一度リセットするには《白湯》を飲む習慣や

ファスティングによる細胞(内臓機能)のリセットをしてあげることも有効的です。

エール自由が丘では、ファスティング指導やLINEを使ってのお食事アドバイスも行っております。

ぜひお気軽にご相談くださいませ。

 

それではまた^ ^

 

【ダイエット&小顔痩身ならエール自由が丘☆

ハイパーナイフ極痩身サロン】

〒152-0035
東京都目黒区自由が丘2-18-17
メゾンドコフレⅰB1F
ailes(エール)自由が丘
03-6421-3596